CHIBA SUBARU

Interview 社員インタビュー

社員インタビュー 社員インタビュー

“聞き上手”

=“営業上手”

目指していたのと別の道を選ぶ、
そうして見えてくる未来もあります。

山下 理彦2017年入社 | 千葉県出身

私が自動車に興味を持ったきっかけは、大学で所属していた研究室の教授が、自動車メーカーでクルマの研究をしていた方で、その教授のもとで電気自動車について学んでいたことがきっかけです。その勉強の一環としてクルマのデザインなどを調べていくうちに、スバルの前身である中島飛行機のことや富士重工業のことを知ってその魅力にどんどんのめり込んでいきました。また、信頼できるブランドは、例えば海外の自動車メーカーや高品質な時計メーカーなど、歴史がしっかりしていると思っていましたし、自分が乗りたかったクルマがスバルだったというのも理由にあります。
そんな中で就職先をディーラーにしようと思ったのは、当時は話すのが苦手でしたが、営業活動に挑戦することで、苦手を克服したかったのが大きな理由です。しかし、実際に入社して働いてみると、営業は話すことよりもお客様の話を聞くことの方が重要な役割だと感じました。私が最初に配属された君津店は、ご高齢の方が多かったので自分の知識を押し付けるのではなく、クルマの話をお客様から引き出すように接客していました。そうすると、お客様が私に対して自分の孫のように親しみを持って接してもらえるようになり、お客様も自分から気持ち良く話をして頂けるようになりました。その背景には、お客様から聞き出すことの重要性を教えてくれた、先輩や上司の細やかなアドバイスや千葉スバル独自の研修制度、勉強会の存在が大きかったと言えます。たとえば半年に一度、営業スタッフ全員を集めて実施されるGENE研修では、成功者の動画インタビューや、試乗マニュアル等もあってどれも役立っていますし、お客様から聞き出すことの重要性を教えてくれたのもこの研修です。先輩の成功例をまねするところから始め、自分のスタイルも段々と出来てきたように思えますね。
学生の皆さんは、クルマの販売現場のことを知る機会は少ないと思いますが、ディーラーが、明るい雰囲気でとてもやりがいのある仕事だということは、私は自信を持って言えます。

社員インタビュー

Off Time 私のOFF TIME

オフは、子供が中心の毎日、
昔からの趣味の写真撮影も続けています。

以前は、ドライブと写真撮影が趣味で、愛車のSUBARU BRZに乗って行く先々の写真を撮っていましたが、子どもが生まれてからはクルマも乗り換え子供中心の生活へと変化しました。しかし、昔から好きだった写真撮影は続けており、今は子供を撮影しています。
将来、子どもが大きくなって家族で出掛けられるようになったら、またドライブが趣味になるかもしれませんね。

オフショット

Schedule

営業職の一日

業務風景
  • 10:00
    10:00メールチェック
    お客様からのメールやメッセージの返信をします。
  • 12:00
    12:00昼食
  • 13:00
    13:00新車のご提案
    点検などの来店に合わせて新型車やお客様にあった車のご提案をします。
  • 17:00
    17:00点検のご案内
    お客様へご連絡し、点検の予約を取ります。
  • 18:00
    18:00翌日の予定確認・片づけ
    翌日にご来店いただくお客様に対して、見積書作成などの提案準備をします。その後は、ショールームクローズに合わせて片づけをして帰宅。

Career Design 10年後の私

お客様に商品ではなく、
自分を買ってもらうこと。

私には目標にしている10歳年上の先輩がおり、その人のような営業マンになれればいいなと思っています。まわりからとても頼りにされる存在で、何より憧れたのはその先輩の商談のスタイルでした。聞き出し方が上手で、こちらが多くを語るのではなくピンポイントにお客様に響く内容を伝えていくと言うスタイルです。お客様は、その先輩が提案した車種を、グレードまでそのまま違和感なく購入されていくのを見て、結局は“クルマではなくセールス自身を買ってもらう”ということに気づかされました。そんな先輩になれるよう努力していきたいです。
更には、私がお店の中心となって、営業スタッフとメカニックの仲介役となり、お店全体のムードを良くしていくことが理想です。みんなで協力しながら女性や若い方でも入り易い店舗づくりをしていくのが目標です。