CHIBA SUBARU

習志野店スタッフブログ

2018年1月15日

やっぱりスバルは凄かった!!冬の北海道編

 

こんにちは!習志野店の加藤です。

昨日で初売りフェアも盛況のうちに終わり

また未来のスバリストの方々が生まれたことに感謝申し上げます!!
 
そんな皆様に、そしてこれからスバルに乗りたいという方に
スバル車ならではのスゴさをお届けしちゃいます。
 
今回はズバリ「スバルのシンメトリカルAWD」
常に4つのタイヤで駆動する方式です。
このAWDをリアルな現場で体感しようというもの。
 
これを実践するために年末訪れたのが、北の大地“北海道”
DSC_7392
実は昨年同時期にも渡道しているので2年連続。
この凍てつく大地をスバル車で駆け巡ろうと企んだわけです。
 
今回の旅のお供はご存知インプレッサスポーツ
 image1
 
 
排気量は1600cc。もちろん4駆車を指定。
新千歳空港最寄りの幾つかのレンタカー屋さんで取り扱いがあるはずです。
 
ちなみに去年は某社のパートタイム4WD車(2駆⇔4駆の切替を行うタイプ)を借りて
「止まらない・曲がらない」を嫌というほど体験したので非常に良い比較ができるはずです。
 
旅の目的はいつもと同様、写真撮影なんですが
まずは空港周辺で肩慣らし。
image22
滑走路周辺の撮影スポットを探しに多少積雪のある林道を突き進みます。
 
うむ。これ位は朝飯前です。
image43
imag3e3
雪道をというよりもむしろ凸凹のある路面をしっかり捉えて快調に走ります。
 
お陰様で深雪では入れないポイントにて愛しのジャンボジェットの迫力ある姿をゲット!!
DSC_5709 - コピー
DSC_5710
DSC_5732
大韓航空
DSC_5770
DSC_5717
DSC_5735
チャイナエアライン
DSC_5769
タイ国際航空
B747ジャンボ機 久しぶりの撮影に大興奮!!
AWDの安心感によっていつもと違う角度で捉えることが出来ました!!
 
さて、旅の本番はこれから。
本来の目的地である道北・旭川まで高速道路に乗っていきます。
 
ここでは追従クルーズコントロールを試してみます!
 DSC_7396
さすがに車線が雪で不明瞭なため、レーンキープは出来ませんが
前の車をしっかり認識して順調についていきます!
 
ただし路面は凍結気味なので、車間キョリの設定は最大にするのがオススメ
加減速はインプレッサがやってくれるので、200km近い道程もあっという間でした。
次の日に向けてだいぶ体力も温存することが出来るので明日の撮影も集中して臨めそう。
 
ココ、旭川から先は今回のメイン。
宗谷本線のラッセル車を追いかけます。
 DSC_5782
北海道の中でも屈指の豪雪地帯である旭川~稚内を結ぶ宗谷本線沿線は
昼夜を問わず雪が降り続き、線路はあっと言う間に雪で覆われていきます。
DSC_5783
ラッセルはこの線路の雪掻きを担う、まさに鉄路の守護神というわけ。
DSC_5781
ハイッ!一緒にパチリ!
 
ただ、それだけ積もるという条件は道路も同じ。
DSC_7391
もう全面アイスのバーン。ほとんどスケートリンク状態です。
日中晴れたとしても、マイナス何度の世界なので殆ど雪は溶けません。
冗談抜きで最警戒の運転が要求されるのです。
 
幸い去年も訪れたところなので何となく道は覚えているのですが
果たしてインプはどんな走りを披露してくれるのでしょう!?
 DSC_7397
旭川から士別、名寄とどんどん山奥へ。
 
おおーっ、これは素晴らしい!!凍てつく路面をしっかりとらえて
ほとんど千葉と変わらない感覚で運転できます!!
image54
信号でも4つのタイヤがグググッと効いてちゃんと停止線でストップ。
走り始めもすこぶる良好。去年とは比べ物にならない安心感です。
 
これならラッセルを追いかけながらの撮影も無理なく可能です。
 DSC_7395
途中けっこうなカーブが続きますが、滑ってしまう感覚は皆無

仮に路面状況が悪く少し滑っても、直ぐに立て直してくれます

とにかくまっすぐ正に。去年まったく制御が利かない場面を同じ道で

体験しているのでその性能差は歴然としています。

 
そんな信頼できる相棒のおかげで得ることができたのが以下の数々のシーン。
 DSC_5749
激しく雪と格闘するラッセルを正面から。
DSC_5751
ドライブより3時間近く雪の上で待っているのがツラカッタ
 
そして次の日は山上から。
DSC_5750
雄信内俯瞰として有名な此処は
カンジキを履いて10分くらい山登りして到達。
DSC_5773
凍りついた天塩川を横目にラッセルが静々と突き進みます。
天気が良いと遠くに利尻富士(利尻島)が見える絶景ポイントです。
 DSC_5758
駅に佇む姿も凛々しい。
DSC_5757
これから雪に挑む仕事人の横顔。三浦綾子の小説「塩狩峠」で有名な塩狩駅にて。

もちろん、今回大活躍のインプレッサともパチリ。

DSC_7398

DSC_7390

宗谷本線の秘境駅のひとつ。筬島(おさじま)駅にて

駅待合室は貨車を流用しているもの。そのベンチで一夜を明かす人もいるとかいないとか…

あと、最後にプチグルメ情報!!

DSC_7388

これは知る人ぞ知る日本最北の駅そば“音威子府(おといねっぷ)そば”

DSC_7387

80歳を越えたご主人が作るこの町の名物黒いソバが浮かぶ絶品♬

冷え切ったカラダが熱いスープを求めます!

DSC_7389

去年は目前で品切れとなり、今年は是非ともと意気込んでの訪問。

見た目とは裏腹な素直な味にホンワカ。ご主人は続けられる限りやってくれるそうですが

食べたい方は早めに訪問されたほうが良いかと思います。

 

また、帰り道。岩見沢のPAにて

image2221

道北を走り抜いたこのドアを見てください!!

image22222

汚いか美しいかは見る人によりますが…

 

とにもかくにも、新千歳から稚内まで北海道の過酷な環境を見事に

駆け抜けてくれたインプレッサ

改めてスバルのAWD性能の高さを知ることとなりました。

ちなみに燃費は…16.9km!!なかなかデスネ。image2223

 

北海道は極端だったとしても、今はスノーレジャーまたは降雪シーズンです。

ぜひ、この冬はスタッドレスタイヤを履いて雪国にドライブしてみませんか?

きっとスバル車の凄さが体感できるはずです!!でわでわ!!

 

いいね!
Loading...