CHIBA SUBARU

南柏店スタッフブログ

2020年6月30日

【さよならレガシィ、ありがとうBRZ】 SUBARUとSUPER GTのあゆみ 【&SUPER GT 2020シーズン開幕記念】

こんにちは!人生一度は限定生産車を所有してみたい、南柏店のMです!

DSC_2801

(↑千葉スバルだけの10台限定車、辰己英治STi総監督監修のBRZ「ST-C Selection」発売を記念して製作したステッカー。このステッカーをゲットした皆様はどこに貼りましたか?)

 

さて、SUBARUはいま変革のときを迎えています。

レガシィB4は先日生産を終了、BRZは7月20日をもって受注生産終了と、ラインナップに大きな動きが見られます。

 

ところで、読者の皆様はレガシィB4とBRZの共通点をご存知でしょうか??(「スバル車」「水平対向エンジンを搭載している」も共通点ですが、それ以外でお考えください…。)

正解は、

SUPER GT参戦車両

です!!

「SUPER GT」とは、原則市販車をベースとしたレースカーによる、国際自動車連盟(FIA)公認の日本国内選手権シリーズです。おおむね500馬力の「GT500」とおおむね300馬力の「GT300」の2クラスに分類され、それらが混走するレースがSUPER GTの醍醐味であります。

SUBARUのマシンは、SUPER GTの前身シリーズである「全日本GT選手権(JGTC)」(1994~2004)時代の1997年最終戦でのインプレッサに始まり、レガシィB4(2009~2011)、BRZ(2012~現在)と、24シーズン連続でGT300クラスに参戦しています。

 

それでは、SUBARUのSUPER GTにおけるあゆみを、写真とともに振り返っていきましょう!

 

〇クスコレーシング

1997

1997 No.77 クスコスバルインプレッサ (小林且雄/古谷直広) ※第6戦のみ出場

(http://supergt.net/archive/classic/supergt.net/jgtc/ex/gtc_cham/1997/cha97_6/R6inside/R6ir_ph/077m6r01.JPG)

1998

1998 No.77 クスコスバルインプレッサ (小林且雄/玉本秀幸) 第5戦・もてぎでポール・トゥ・ウィン

(http://supergt.net/archive/classic/supergt.net/jgtc/ex/gtc_cham/1998/cha98_5/race_ph/077win.jpg)

1999

1999 No.77 クスコスバルインプレッサ (小林且雄/谷川達也) オートポリスでのノンタイトル戦でクラス優勝

(http://supergt.net/archive/classic/supergt.net/jgtc/ex/gtc_cham/1999/cha99_X/99Xrace_ph/077.jpg)

2000

2000 No.77 クスコスバルインプレッサ (小林且雄/谷川達也)

(https://stat.ameba.jp/user_images/20090706/01/comet-hara1029/a6/a7/j/t02200147_0800053510208537676.jpg?caw=800)

2001

2001 No.77 クスコスバルインプレッサ (小林且雄/谷川達也)

(http://supergt.net/archive/classic/supergt.net/jgtc/race/2001/01r1/011test_ph/077titest2.jpg)

2002

2002 No.77 クスコスバルインプレッサ (小林且雄/谷川達也) この年からGC型に代わってGD型を投入

(https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/8c6affc8a0207e4d262bbecdd3413aa06cec9b16.86.2.9.2.jpg)

2003

2003 No.77 クスコスバルADVANインプレッサ (小林且雄/谷川達也) ヘッドライトが丸目から涙目に

(http://supergt.net/archive/classic/supergt.net/jgtc/race/2003/03team/03team_img/tm077m.jpg)

2004

2004 No.77 クスコスバルADVANインプレッサ (小林且雄/谷川達也)

(http://supergt.net/archive/classic/supergt.net/jgtc/race/2004/04team/04team_ph/04tm077m.jpg)

2005

2005 No.77 クスコスバルADVANインプレッサ (小林且雄/谷川達也) ヘッドライトが涙目から鷹目に

(https://chachapi.way-nifty.com/photos/uncategorized/2009/06/25/001.jpg)

2006

2006 No.77 クスコスバルADVANインプレッサ (小林且雄/谷川達也(第5戦)/菊池靖(第7戦~9戦)) これまでFRに改造して参戦していたが成績不振を受け4WDに駆動方式を変更して第5戦から参戦(第6戦は欠場)

(https://chachapi.way-nifty.com/photos/uncategorized/2009/06/21/001_2.jpg)

2007

2007 No.77 クスコDUNLOPスバルインプレッサ (山野哲也/青木孝行/小林且雄(第6戦)) この年からタイヤをヨコハマ→ダンロップに変更

(https://www.cusco.co.jp/motorsports/img/07gt_run1.gif)

2008

2008 No.77 クスコDUNLOPスバルインプレッサ (山野哲也/佐々木孝太(開幕戦~第7戦)/カルロ・ヴァン・ダム(第8戦・9戦)) 第4戦・マレーシアでクラス優勝。チームランキング6位(28チーム中)

(https://supergt.net/archive/classic/supergt.net/supergt/2008/0805/0805_images/0805f1vsec.jpg)

 

〇R&D SPORT

2009

2009 No.62 R&D SPORT LEGACY B4 (山野哲也/密山祥吾) ※第6戦、7戦、9戦のみの出場。チームランキング25位(25チーム中)

(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/06/Subaru_Legacy_B4_2009_Motegi_GT_250km.jpg)

2010

2010 No.62 R&D SPORT LEGACY B4 (山野哲也/佐々木孝太) 第6戦・鈴鹿でクラス優勝&ファステストラップマーク。チームランキング11位(26チーム中) ※第4戦は欠場。

(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d2/Kota_Sasaki_2010_Super_GT_Fuji_400km_qualify.jpg/1200px-Kota_Sasaki_2010_Super_GT_Fuji_400km_qualify.jpg)

2011

2011 No.62 R&D SPORT LEGACY B4 (山野哲也/佐々木孝太) ポールポジション1回。ファステストラップ2回。第5戦・鈴鹿、第7戦・オートポリスでクラス優勝。チームランキング4位(25チーム中)

(https://response.jp/imgs/thumb_h2/357921.jpg)

2012

2012 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT (山野哲也/佐々木孝太) 決勝最高4位。チームランキング12位(29チーム中)

(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4f/Subaru_BRZ_R%26D_Sport_2012_Super_GT_Sugo_qualify.jpg)

2013

2013 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT (山野哲也/佐々木孝太/井口卓人(第5戦)) ポールポジション4回。ファステストラップ4回。第5戦・鈴鹿1000kmでのクラス優勝含む表彰台3回(全9戦)。チームランキング4位(26チーム中)

(https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/597/909/01.JPG)

2014

2014 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT (佐々木孝太/井口卓人) ポールポジション2回。ファステストラップ1回。第5戦・富士でのクラス優勝含む表彰台2回(全8戦)。チームランキング6位(24チーム中)

(https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/662/217/001_s.png)

2015

2015 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT (井口卓人/山内英輝) 決勝最高3位。チームランキング10位(30チーム中) ※この年からタイヤをミシュラン→ダンロップに変更。

(https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/700/745/301.JPG)

2016

2016 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT (井口卓人/山内英輝) 第6戦・鈴鹿でのクラス優勝含む表彰台3回(全8戦)。チームランキング6位(29チーム中)

(https://www.subaru-msm.com/2016/sgt/machine/images/gallery/GT_machine2016_01.jpg)

2017

2017 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT (井口卓人/山内英輝) 決勝最高2位。チームランキング9位(30チーム中)

(https://www.subaru-msm.com/2017/sgt/machine/images/gallery/GT_machine2017_01.jpg)

2018

2018 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT (井口卓人/山内英輝) 第6戦・SUGOでのポール・トゥ・ウィン&ファステストラップマークを含む表彰台2回(全8戦)。チームランキング11位(29チーム中)

(https://supergt.net/upload/201-5YO_6760.jpg)

2019

2019 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT (井口卓人/山内英輝) ポールポジション1回。決勝最高3位。チームランキング13位(29チーム中)

(https://cdn-image.as-web.jp/2019/04/14000544/0611-1280×853.jpg)

2020

2020 No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT (井口卓人/山内英輝) ???

(http://supergt.net/upload/HAR_7343.jpg)

 

さて、当初の予定から3ヶ月の延期を経て、7月18日にSUPER GT 2020年シーズンが開幕します!!

開幕戦:7/18・19 @富士スピードウェイ

第2戦:8/8・9 @富士スピードウェイ

第3戦:8/22・23 @鈴鹿サーキット

第4戦:9/12・13 @ツインリンクもてぎ

第5戦:10/3・4 @富士スピードウェイ

第6戦:10/24・25 @鈴鹿サーキット

第7戦:11/7・8 @ツインリンクもてぎ

第8戦:11/28・29 @富士スピードウェイ or 12/26・27 @チャーン・インターナショナル・サーキット(タイ)

BRZを使用するR&D SPORTチームは、6年連続の井口・山内コンビで、今シーズンに悲願の初戴冠を懸けます…!

BRZ×井口・山内コンビ×ダンロップDIREZZAの組み合わせになってからは偶数年が好調であること、さらには、3月に実施された岡山公式テストとつい先日の6月27・28日に実施された富士公式テストのいずれにおいてもクラストップタイムをマークしていることから、今シーズンはいつもにも増して期待が持てそうです!

 

例年ですと、SUBARUの公式Youtubeチャンネル「SUBARU On-Tube」にて予選・決勝のコックピット内視点の映像がライブ配信されるほか、レースダイジェスト映像が決勝終了後に配信されます。

現時点での正式発表はされていませんが、今年は少なくとも第4戦までが無観客開催される為、例年にも増して需要が高まるであろうことから、配信は行われることでしょう。

スバルのモータースポーツに関する最新情報は、「SUBARU-STI MOTORSPORT  公式モータースポーツサイト」(https://www.subaru-msm.com/)をご覧ください。

配信されることとなった暁には、予選・決勝日にはぜひとも「SUBARU On-Tube」をご覧いただき、ありったけの声援を送りましょう!

 

 

SUPER GT 2020年シーズンもSUBARU BRZ R&D SPORTから目が離せません!!

 

2020-02

(SUBARUのモータースポーツのスローガンは「声援は力だ。」。BRZは声援を力に変えて悲願達成へ挑む。)

(https://www.subaru-msm.com/2020/img/news/FSWtest0628_013.jpg)

 

(M)

いいね!
Loading...