CHIBA SUBARU

木更津店スタッフブログ

2018年12月5日

猫の如く! ~命の詩~ 

こんばんわ、木更津の語り部・稲毛でございます。

今までは甘く優しく可愛い猫の世界をお伝えしてきました。
ですが、今回は仁義無き野良猫のお話でございます。

袖ヶ浦には大きく二つの野良猫生息スポットが存在します。
それは『袖ヶ浦公園』と『袖ケ浦海浜公園』です。
特に袖ケ浦公園には100匹近い野良猫達が住んでいると言われています。
IMG_0304
IMG_0300
どうやら、捨てられてしまった可哀相な猫達みたいです。

園内には動物を捨てないで!という悲痛な看板と、捨てるところを目撃した場合の罰金が記載されております。
個人的には偉大なる通報者の方には賞金を出してもいいんじゃないかと思います。
実は、語り部も何度がこの公園に行きました。

IMG_0317
園内には沢山の猫達が確かに居て、のんびりと暮らしています。
ボランティア様などが、去勢手術などを寄付を募って行っているとのことで、耳に傷ありがその証拠。
繁殖を防ぐための大事な事なのですが、そもそも捨てる人間がいるっていうことに憎悪を感じますよね!
捨てることに仕方の無い理由なんて、絶対にないのですから。
少なくとも飼い主を愛してくれていた猫にとっては

猫には罪はありません。
不必要に産ませ、自己都合で勝手に捨てる人間が諸悪の根源です。
IMG_0324
彼らは元々飼い猫であった為か、人間に対する警戒心も薄い子達です。
それを考えると、余計に語り部は涙が出てきてしまいます。

現在のあの子達は、この環境にも慣れているようです。
ですが、それはボランティア様と地域の方々の高尚かつ暖かな自愛の賜物でございます。
IMG_0311
語り部は、世界から捨てられてしまうような不幸な猫が一匹も居なくなることを強く祈っております。

いいね!
Loading...