CHIBA SUBARU

鎌ヶ谷店スタッフブログ

2019年2月19日

~~~今年も。~~~ 

皆さんこんにちは!
サービスアドバイザーの齋藤です。

2カ月ぶりのブログ投稿です!!

まだまだ寒いですが、暦の上では春になり、
少しづつ気温が上がってきているなぁと感じます。

そうなると、キャンプに行きたいなぁと思うようになるのですが、
まだまだ朝晩の冷え込みはキツい!!

ヘタレキャンパーはまだキャンプへ行けず・・・。

そんな中、来月に計画しているキャンプに向け、
準備をしました。

DSC_7238

実家の庭で薪割り。
キャンプの雰囲気を出すためにミニチェアを用意して・・・。

この薪、昨年最後のキャンプをしたときに、
雨に降られ、途中で終了した焚き火で余った薪です。

太い薪だけ残ってしまった為、
細く割って、次回火の付きが良くなるようにします。

ちょっとカッコよく言うと、「バトニング」と言います。

DSC_7240

指をバトニングしてしまうと大惨事なので、
手袋を着用して行いましょう。

薪にナタを食い込ませ、そのまま地面に叩き付けます。

DSC_7239

「パカン!!」という気持ちいい音と共に、
薪が割れます。

この作業、なかなかクセになるものでして・・・。

DSC_7242

割りすぎた!!!!!

庭に植えてある木の枝が転がっていて、
処分に困っているようだったので、
ついでもそれも割っていると、
焚き火1回分はまかなえる程の量が調達できました!!

ラッキー。

まだまだ枝は転がっているので、当分薪は買わずに済みそうです(笑)

ついでに少し太めの枝を使い、
のこぎりでこんなものも作ってみました。

DSC_7241

コレはスウェーデントーチといって、
別名「木こりのろうそく」とも呼ばれます。

十字の切り込みを入れ、中央に着火剤を入れて燃やすと、
オシャレな焚き火ができ、コンロにもなります。

とあるCMのワンシーンでも映っていましたね。

本当はチェーンソーで、一気に切り込みを入れるのですが、
持っていないので、のこぎりで1時間格闘しました・・・。

溝も細く、隙間から入る空気の量も
チェーンソーの場合と比べると少なくなるので、
ちゃんと燃えるか不安ですが、楽しみ!!

キャンプに行った際は、報告いたしま~す。

いいね!
Loading...