CHIBA SUBARU

カースポット我孫子スタッフブログ

2020年10月2日

今週のおススメ車!!

秋の気配が近づく中、カースポット我孫子のブログをご覧になっていただき

ありがとうございます!

今週も当店のおススメ車をご紹介したいと思います。

70005021163020100100400

レガシィB4 リミテッド 2016年モデルです。

走行2.0万キロ

車両本体価格 ¥209万円

リミテッドモデルは18インチアルミやレザーシート付き

さらに後側方警戒支援装置 スバルリアビーグルディテクションと

ハイビームアシストが付いたアドバンスドセイフティパック車!

0502116A30201001W00427

大きな8インチ画面のビルトインナビを装備!

さらに狭い場所でも安心のディスプレイコーナーセンサーも付いています!

平成元年にデビューしたレガシィシリーズですがセダンのB4はこのモデルが

国内最終モデルとなってしまうんです。

日本国内におけるセダン需要の低下により販売終了とのことですが・・・

今日はカースポット我孫子の販売担当、I 沢がレガシィB4の魅力を

たっぷりとお伝えしたいと思います。

〇セダンボディはワゴンボディに比べボディ剛性が高い!

セダンはワゴンに比べリアセクションの開口部が狭くまた

Cピラーを太くすることが可能ですので剛性が高いんです。

〇セダンボディはワゴンボディに比べ軽量!

ご覧の通り大きなクオーターガラスやバックドアも無いので軽量です。

〇セダンボディはワゴンボディに比べ空力面でも有利!

走行中に前面から受けた走行風をきれいに後ろに流すことができる為

セダンのほうが空力面で有利とされています。

過去スバルでもモータースポーツ参戦をWRCからニュルブルクリンク耐久レースに

スイッチした際、横を向いて走ることがあるWRCでは前後のオーバーハングの

短いハッチバックボディのWRX STIで参戦しましたがニュル参戦途中からは

ハッチバックボディから空力面で有利な4ドアセダンのWRX STIに変更しました。

〇セダンボディはワゴンボディに比べ乗り心地が良い!

先にも説明したボディ剛性が高いとそれだけサスペンションがしっかりと

仕事をするのでセダンのほうが乗り心地がいいんです。

為メーカーでも高級車にセダンが多いのはこの為です。

〇U-CARではセダンがお買い得!

レガシィB4とアウトバックでは同じ装備で新車価格に33万円の差がありますが

U-CARの場合、同じ年式でもこの価格差がさらに広がっているのです。

〇高い操安性性・安定性

このサイズのセダンでは他メーカーでは6気筒エンジンを搭載している

車両が多いですがレガシィB4は軽量・低重心な4気筒水平対向エンジンを

搭載していますので他のセダンでは味わえない軽快で安定性の高い

走りを体感できます!

〇ワゴンに負けない積載性!

ゴルフバック4つを飲み込む525Lの広いトランク容量に加え

リアシートを前に倒す、トランクスルー機能により長い荷物や

大きな荷物も積めます!

〇希少性抜群!

周りと同じ車は嫌だって方にはおすすめです!

レガシィB4であれば同じ車との遭遇率も低く、駐車場でも一目で

自分の車とわかります!

 

さあ、そろそろレガシィB4が欲しくなって来た頃ですかね。

こちらの車両の詳細は下記よりチェック!

https://ucar.subaru.jp/search/car_id_700050211630201001004/

 

※在庫情報は令和2年10月2日現在の在庫です。

 

いいね!
Loading...